注意すべき子供部屋の結露!ガラス交換でできるカビダニ対策

高い断熱性で結露をガード!驚きの断熱ガラスの性能とは

ガラス交換をしないと子供の身体に悪影響

子供部屋の窓が結露しやすいのであれば、早急に結露への対策を行なう必要があります。放置すると湿気により、子供部屋でカビやダニが増殖してしまうこともあるからです。

結露が原因で起こる被害

  • ・ カビやダニの大量発生
  • ・ 天井や壁のクロスが剥がれる
  • ・ 水分を含んだ木材(窓枠)の変形・いたみ
  • ・ 住宅構造に重要な木材の劣化

カビやダニはシックハウス症候群の引き金

ダニ

カビの胞子やダニの死骸は、呼吸によって人の体に取り込まれると、免疫が過剰に反応するアレルギー性の症状が現れます。共通して現れる症状といえば、アレルギー性の鼻炎や喘息、アトピーなどです。これらのアレルギー症は子供の体に大きな負担を与え、健やかな成長を害するものとなります。子供の健康のためにも、アレルギー症状を引き起こすカビやダニの害は避けるようにしましょう。

まとめ ガラス交換をすれば、このようなカビやダニの発生を抑止できます。除湿機の使用は電気代や排水が負担となりますが、ガラス交換であればこうした負担も掛からないのです。

結露を防止する方法

窓ガラスの交換以外にも、除湿対策をしっかりと行なうことで、カビやダニの害から我が子を守ることができます。ガラス屋に頼らずに自分の手で結露を防ぐ方法をお教えします。

窓を開けて換気する
こまめに換気をすることは、除湿対策を行なう上で基本であり最大の効果をもたらす方法です。室内では料理や食事の水蒸気や、人の呼吸や体温によって湿度が高い状態となります。窓を開けることで、湿気を含む空気を入れ替えられるため、こまめに換気をすることで効果的な除湿ができるのです。
エアコンを活用する
エアコンの除湿機能や、室内の除湿機を使用することも湿度を下げるためには効果的です。寒い冬ですと、換気のために窓を開けるのは室温を下げることに繋がるため、なかなか行なえないものです。エアコンや除湿機を利用すれば、窓を開けずに湿度を下げられるので、冬に便利な除湿対策といえます。
市販の便利グッズを使う
窓に結露が生じやすい家であれば、結露防止シートを活用してもよいでしょう。シートは断熱性に優れているため、窓に貼り付けることで結露を防止することができます。断熱ガラスと併用すれば、結露に悩まされやすい北国でも結露とは無縁の暮らしができます。

TOPボタン