負担なく結露対策ができる~ガラス屋の断熱ガラス交換~

高い断熱性で結露をガード!驚きの断熱ガラスの性能とは

ガラス交換はガラス屋に依頼すると問題解決

窓のガラス交換を行ないたい場合は、ガラス屋に依頼するとよいでしょう。全国どの地域に対しても対応してくれるガラス屋もあるので、どのような場所に住んでいても気兼ねなく依頼することができます。

ガラス屋のサービス

経験ある職人が対応
高い技術と豊富な経験を持つプロのスタッフが、ご自宅まで伺い丁寧かつ迅速にガラス交換作業を行ないます。
年中受付している
ガラス屋はガラス交換の依頼を365日いつでも受け付けています。土日だけでなく祝日での依頼もできるので、早急な対応が必要な場合のガラス交換も迅速に対応してくれます。
丁寧な作業でガラス交換
ガラスは割れやすい素材であるため、ガラス交換作業は常に慎重に作業が行われます。ガラス交換を行なうスタッフは丁寧な対応をしてくれるため、お客さんからの質問もしっかり聞いてくれます。
選べるお支払い方法
ガラス交換後の費用は、現金で当日に支払うことができるほか、後日クレジットカードなどで決済をすることも可能です。すぐに現金を用意できない場合でもガラス屋へ依頼ができます。

ガラス交換の流れ

電話連絡

携帯電話からいつでも気軽に連絡をすることができます。ガラス屋によっては朝7時から深夜まで電話対応しているところもあるので、空いた時間にいつでも連絡が可能です。

現地確認とお見積もり

ガラス交換をする場合、ガラスの種類や設置場所、大きさによって施工費用が変わります。そのため、施工を行なう前に必ず現地確認と見積もりの算出を行ないます。提示した見積もり額で満足できれば、作業をスタートします。

交換作業スタート

丁寧かつ迅速に交換作業を行ないます。作業後もプロのスタッフが仕上がりを点検するので、ガラス交換後に問題が生じることはありません。

料金の支払い

ガラス交換作業の終了後、ガラス屋から来ているスタッフに料金を支払うか、後日クレジットカードなどで支払いを行なうかのどちらかになります。

まとめ

このように、専門業者はガラス交換をスムーズかつ柔軟に対応してくれます。不慮の事故でガラスを割ってしまった方や、断熱タイプのような高性能のガラスへの交換を検討している方は、上で紹介した手順通りにガラス交換を進めていきましょう。ちなみに、断熱性のガラスは結露が発生しやすいということが分かっています。つまり、家のガラスがそのようなタイプで、かつ子供部屋で結露が発生した場合、子供への影響が懸念されるのです。ガラス屋へ依頼し、結露しにくい窓ガラスに交換すれば、子供も健やかに成長できます。

断熱性の低いガラスほど結露が発生

窓の結露は、放置するとカビを発生させる原因になるため、気温の低い冬の間は何度も拭き取らなければなりません。しかし、ガラス屋に依頼し結露を防ぐ特別なガラスに交換すれば、こうした面倒を省くことができるのです。

表面温度が低いと結露が発生

結露って何?
結露は、室温と外の気温差によって発生します。室内に漂う空気中の水分が、外気に接している窓ガラスによって冷やされることで、気体の状態から水へと変化するからです。結露の発生条件は室温や気温、湿度によって変わります。しかし、冬は屋外の空気が寒冷かつ乾燥しているのに対し、室内は湿度と気温が高い状態であるため、屋外と屋内の空気に差により結露が発生しやすいのです。つまり、気密性が低く表面温度が下がりやすいガラスほど結露が発生しやすいと言えます。そこで最近では、結露対策として表面温度が低くなりにくい特別な窓ガラスが注目されています。

ガラスの種類別表面温度

外気温1.7度、室温24.4度、相対湿度54パーセントの条件での計測データです。この条件下では、ガラス表面の温度が15度以下になると結露が発生します。

1枚ガラス
1枚ガラスは、どの家庭でも用いられる一般的な窓ガラスです。外気温1.7度の条件下では、一般的な窓ガラスの表面温度は3.5度となります。薄いガラス1枚だけで構成されているため、ほとんど断熱性がないことが窺えます。
複層ガラス
通常の窓ガラスよりも断熱性が高いといわれるのが、この複層ガラスです。多層構造であるため、層が厚い分外気温をシャットアウトできます。外気温が1.7度の環境下において、複層ガラスの温度は12.7度となりました。1枚ガラスの約3倍の断熱性を示しましたが、15度以下となったため結露が発生してしまいます。
断熱ガラス
断熱ガラスは、文字通り断熱性の高さが特徴的なガラスです。複層ガラスよりも高い断熱性を示します。二枚組のガラスの間が真空状態となっており、魔法瓶や真空断熱タンブラーなどと同じ要領で熱を伝える空気がないことで高い断熱性を発揮します。外気温1.7度の環境でも、断熱ガラスの表面温度は19.5度を誇ります。結露を防ぐのにとにかく効果的なのです。

まとめ

ガラスの種類によって、結露を防ぐことは十分可能だということが分かりました。結露によく悩まされる家庭は、ガラス交換をするガラス屋に依頼し、結露に強いガラスに交換してもらうとよいでしょう。

TOPボタン